事故車は下取りと買取どちらを選べば得するのか

事故者は下取りと買取どっちがいいかなぁ

事故車を処分する方法としては、次の車を購入するディーラーに引き取ってもらう形の下取りと、中古車買取を行っている業者に事故車として買い取ってもらう方法があります。その他にも、車を解体をして廃車にする方法もありますけど、どうぜ処分するならお金が掛からずに済む方法で、少しでもお金になる処分方法を選びたくありませんか?

 

結論から言うと、車を手放すときに高値で売却したいと考えているなら、下取りに出すよりも車買取です。これは事故車でも同じです。車買取業者の方が断然事故車を高く買い取ってくれます。

 

事故車の場合にはディーラーに下取りに出したとしても、価格が付けられないことも多く、その場合には無料で引き取られることになります。ひどい状態の車であれば、処分費用や廃車手続きのための費用を請求されることもありますので、逆に車を処分するために出費がかかることも考えられるんです。

 

事故を起こした車や事故に巻き込まれた車であっても、全く価値が無いということはありません。自走不可能な車でも、車が大破して復元不能な状態であってもです。現に、事故車の高価買取を行っている業者が存在しています。

 

事故車を専門的に買い取っている業者であれば、下取りでは買取の値段が付けられないと判断された車であっても、売却できる可能性は十分あることから買取店に売る方がお得になります。

 

とりあえず一括査定で事故車買取価格を比較してみる

 

 

事故の経験のある車の取り扱いをしている業者では、中古車として販売できるものであれば中古車市場に車を流しますし、そうでなければ使えるパーツだけを取り出しリサイクルをしたりします。様々な中古車販売店では、修復歴のある車が取引されていますので、事故を起こした経験のある車であっても中古車として商品になっていることが考えられます。修復歴車の場合には敬遠するユーザーもいますが、しっかりと修理が行われているのであれば割安で車を手に入れることができるために、あえてそれを購入するユーザーもいます。

 

一般的に中古車販売店に買い取られた車は、中古車市場に出回ることになるのですが、販売できない事故車であってもまったく価値がないということはなく、海外へ輸出して販売されるものや、部品に分解されて再利用されますので事故車でもそれなりに価値があるんです。

 

日本国内では敬遠されがちな修復歴車であっても、中古車として海外へ輸出されることで十分に利益を生み出します。日本の車は高い技術で修理が行われているために、発展途上国などを中心として安心感の高い車として販売されています。

 

事故に遭った車であっても、ダメージを回避できている部品もあることから、それらを分解して中古部品として市場で取引が行われています。修理のためにメーカーから新品の部品を取り寄せるよりも、割安で手に入れることができる中古部品は市場で人気があります。

 

これらの理由によって、積極的に事故歴のある車を購入して販売をしている業者がありますので、ディーラーに下取りに出すよりも良い価格で買い取ってくれる可能性があると言えます。